群馬県神流町──2000年末に行われたプロポーザルで早稲田大学古谷誠章研究室+NASCAが選ばれた。コンペ時は中里村役場として利用される予定だったが、合併などにより異なる用途の建物として使われ始めた。4階にメインの機能である「健康増進管理センター」を持ち上げることで、下の部分をさまざまな用途で利用できるようにしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami