東京都──篠原一男の代表作である住宅の移築.1966年の竣工当初から道路拡幅が見込まれていたため,すぐに取り壊される可能性があったが,40年後に実施となった.藤本壮介氏による批評,クライアントのコメントも収録.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami