神奈川県横浜市中区──横浜トリエンナーレ2008のメイン会場,埠頭に建てられた倉庫の会場構成.長手が130mの空間に,入れ子状に合板でつくられた部屋が連続する.18個のさまざまな大きさの正方形や長方形の部屋は,厚さ5.5mmの合板でできた壁を鉄骨で支えたもの.壁の内側のみ白く塗装している.各部屋の壁の高さは, 3,000〜4,800mmの4種類.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami