東京都世田谷区──昭和女子大学の学生ホールに設置された仮設のフォリー.学園祭来場者の休憩スペースとして使われた.厚さ2.3mmのラワンベニヤ薄板を梁材,束材として使い,アーチ状に組んだ部材をトンネル状に連続させた構造体.大きさと構成するベニヤ板の枚数が違うアーチ状の部材が連続することで,山脈のような不均等で有機的な立面が生まれる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami