東京都文京区──毎年,木造でつくられる東京大学 五月祭のパビリオン.「E-CHO」は合板を曲げて樹状のパターンをつくり,相互に嵌合させてゴシックのリブヴォールトのような屋根面,壁面を構成.「IJS」(Inlay Joint System)は厚さ24mmの合板を面内で嵌合させている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami