『新建築』2009年2月号046頁から掲載されている「松田平田設計本社ビル リノベーション」松田平田設計

東京都港区──3棟のビルから構成された既存本社ビルのリノベーション.耐震補強の上,インテリアを改修している.階高2,900mmという低さながら,減築で生まれた3層吹き抜けのコミュニケーションボイドを活動の中心とし,居心地のよいスケール感を持った所員同士のコミュニケーションを誘発するオフィスとしている.緑化,輻射冷暖房,自然換気など,既存の空間を生かしたさまざまな工夫が集約されている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami