『新建築』2009年2月号062頁から掲載されている「フランス大使公邸 改修」改修設計 みかんぐみ・竹中工務店

東京都港区──1957年に建てられた在日本フランス大使公邸の改修.迎賓のための1階サロンの壁と天井は,モアビ材と既存の鉄筋コンクリート・ラーメン構造のフレームで構成.テーブルやソファなどもオリジナルにデザインされた.2階のゲストルームは和をイメージし,石や珪藻土といった自然素材を多用.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami