『新建築』2009年4月号108頁から掲載されている「川上村立川上中学校」設計 エーシーエ設計/プロデューサー 原田鎮郎/環境システム研究所長野県南佐久郡川上村──長野県中部,標高1,000m超に位置する川上村の中学校.主構造は村産のカラマツ集成材.カラマツの原生林「美林」をイメージした形態の柱を形成している.「愛・地球博」の再利用として,カナダ館の階段の材の転用と,さとうりさ氏による彫刻「プレイヤー・エイリアン」が屋外に置かれている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami