『新建築』2009年6月号087頁から掲載されている「大手町一丁目地区第一種市街地再開発事業 経団連会館」日建設計・三菱地所設計

東京都千代田区──外周に細柱を出し,鉛直荷重を負担させると共に,室内へ日射を遮り,深い彫りのある表情を生み出している.仕上げはGRC花崗岩打ち込みパネル.水平力については南側の制震ブレースや,北側のコア内に設置された粘性ダンパー壁,極軟鋼耐震壁が負担する.1階のエントランスホールには和泉正敏氏による庵治石横積みによる壁がある.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami