『新建築』2009年7月号128頁から掲載されている「武蔵野美術大学 4号館 保存改修」芦原建築設計研究所(原設計・改修)

東京都小平市──武蔵野美術大学鷹の台キャンパス計画の起点としてつくられたアトリエ棟.全体が9,600mm角のグリッド状の壁によって構成されている.1964年に竣工し,以降,絵画のアトリエとして使われている.原設計は芦原義信氏(本誌6411).アトリエ不足のため建て替え計画が持ち上がったが,キャンパス全体の再整備計画において新設校舎でアトリエを補うこととなり保存改修が決定された.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami