『新建築』2009年8月号145頁から掲載されている「熊川の集合住宅2」メジロスタジオ

東京都福生市──東京郊外に建つ集合住宅.建物は南側の幹線道路に対して雁行して配置され,見る角度によってさまざまな表情を見せる.各階の開口部は垂直方向の位置は同じだが,全体としてランダムに見えるように列ごとに高さがずらされている.室内はフラットスラブの上にレベル差を設け,各部屋を特徴づけている.北側には12mの帯状の空地を挟んで同設計者による「熊川の集合住宅1」がある.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami