2009年9月号136頁から掲載されている「高知駅」統括監修 篠原修/意匠統括 内藤廣/設計 内藤廣建築設計事務所 四国旅客鉄道 四国開発建設高知県高知市──既存駅舎を段階的に高架化し,県産スギ集成材と鉄骨トラスによる混構造の大屋根が架けられた.屋根の足下(北口)には鉄骨鉄筋コンクリートのキャノピーが道路用地から建ち上がり,プラットホームと一体に架かる架構を支持する.南北自由通路が実現され,南北駅前広場の整備も共に進められた.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami