2009年10月号176頁から掲載されている「永元寺 蕪坐離庵」久保清一+鍵山昌信/アルキービ総合計画事務所大阪府堺市──大阪南部の国道沿いに建つ.壇信徒が自由に使えるような集いの場が構想された.小断面の集成材によるラーメン構造で,40畳無柱の広間を実現している.その外側には回廊状に縁が配されている.敷地のレベル差を活かしながら,水盤や南庭などの外部空間と繋げている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami