2009年11月号158頁から掲載されている「あけぼの学園」竹原義二/無有建築工房大阪府豊中市──幼稚園と保育所を統合した「認定こども園」として設計された。園庭と既存の樹木を避け、園舎全3棟がひと繋がりになるコの字型の配置となっている。第一期の2007年に木造2階建ての「南楓亭」が、第二期の2009年に鉄骨4階建ての「風の棟」が建てられた。第二期には「南楓亭」の1階はプレイルームからピロティへと改築され、「風の棟」の蛇行した外廊下と共に、縁側のような半屋外空間が子どもたちのたまり場として機能している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami