2009年11月号168頁から掲載されている「慈眼山成願寺」石橋徳川建築設計所愛知県名古屋市北区──本堂・護摩堂・客殿からなる寺院.従来の寺院のような反りではなく起り(むくり)のついた屋根とし,3つの建物それぞれの特性に合わせて,瓦の葺き方,軒の構成などを変えている.本堂は免震を採用することで,スチールフラットバーの軽快な構造としている.外壁はガラスとし,回廊と内陣・外陣との間を障子で仕切っている.また,外陣は畳を排して椅子座の空間となっている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami