2009年12月号179頁から掲載されている「上大須賀の家」谷尻誠/suppose design office広島県広島市──既存鉄筋コンクリート造3階の改修.既存躯体を「敷地」と見なし,その中に垂れ壁で囲ったLDKを設けている.それによって半屋外的な回廊スペースをつくり,音や熱環境のバッファーとしながら,全体を緩やかに分けている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami