2010年3月号093頁から掲載されている「Sakura flat」若松均建築設計事務所東京都渋谷区──築35年ほどの雑居ビルのペントハウスを共用廊下も含めてすべて改修.田の字型の既存柱梁(主なスパンは6,800mm×5,310mm)が構成する明快な空間.床は35mm厚のスギ足場を利用.天井高約2,400mm.住戸面積は180m2(テラス22.5m2含む).既存の未完成感と日常が同居した住まい.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami