2010年3月号154頁から掲載されている「宇都宮大学オプティクス教育研究センター」山本理顕設計工場栃木県宇都宮市──キャンパスの一画に建つ光学技術の研究のための施設.東立面に1辺95mmの鏡面ステンレスプレートを市松状に配している.プレートは周囲の風景を映し込み,天気や季節によって表情が変化する.また風が吹けば揺らぎ,軽やかな音とともに波紋が広がる.開口部はランダムに配置されている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami