2010年6月号049頁から掲載されている「壱岐市立一支国博物館・長崎県埋蔵文化財センター」黒川紀章建築都市設計事務所長崎県壱岐市──弥生時代の代表的史跡とされる原の辻遺跡に関する資料や出土物を展示する博物館.地下1階,地上4階建て.山並みを模した屋根は緑化され,周囲に溶け込むことが意図されている.故黒川紀章氏の遺作.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami