2010年6月号176頁から掲載されている「平城宮跡第一次大極殿正殿」復原設計 奈良文化財研究所/設計 文化財建造物保存技術協会奈良県奈良市──奈良時代前期に天皇の即位,元旦の朝賀など国家的儀式の時に天皇が出御した木造建築.幅約44m,奥行約20m,地面より高さ約27mの規模で復原.免震装置を基壇内部に設け,現行の建築基準法を満たしている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami