2010年7月号138頁から掲載されている「日産厚生会 玉川病院南館」KAJIMA DESIGN

東京都世田谷区──旧病棟跡地に増設された計57床の病棟.医療情勢の変化に対応するため,設備や構造体において可変的なシステムを採用.設備が集約された外部シャフトは各スパンに均等に配置し,メンテナンス性,更新性を高めている.1978年竣工の既存本館は吉村順三氏の設計.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami