2010年8月号147頁から掲載されている「T字路のつきあたり」西村浩/ワークヴィジョンズ

東京都中野区──東京・中野のT字路のつきあたりに建つ4戸の賃貸住戸とオーナー住戸の共同住宅.限られた敷地を最大限に活用するために,建物間の僅かな隙間や敷地前面に延びるT字路,窓先空地や北側高度斜線によって生まれる空間を,住戸内の空間や,窓からの風景として積極的に取り込んでいる.その結果,都市居住の形式のひとつとも言える,複雑な構造体になっている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami