2010年9月号167頁から掲載されている「日本大学理工学部船橋キャンパス新サークル棟」今村雅樹+山中新太郎 日本大学理工学部WG+協立建築設計事務所

千葉県船橋市──3.8×3.2mのグリッド状に配置された60のセルと,同面積の外部廊下で構成される平屋のサークル棟.各室の配置は活動場所やサークル室の使用頻度によって決定された.個室の屋根面は廊下より高くなっており,その高低差により生まれたハイサイドライトから建物内部へも光が取り入れられる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami