2010年11月号080頁から掲載されている「第1旅客ターミナル内JAL国内線ラウンジ」基本計画・総合デザイン監修 中村拓志/NAP建築設計事務所/実施設計・設計監理 梓設計

東京都大田区──JALのオフィスフロアをリノベーションした計5,500m2のラウンジ.家具や仕切り壁を腰高(1,100mm)に設定することにより,水平方向の抜けを確保し,2,500mmというやや低めの天井高を感じさせない構成としている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami