2010年12月号084頁から掲載されている「空飛ぶジュータン」近藤春司 名和研二/なわけんジム

千葉県鴨川市──千葉県鴨川市の小児歯科医院.外周部はコンクリート壁,内部は床・屋根面を構成する鉄板とそれを支える無垢の鉄柱が主体構造.40mm厚の常温亜鉛メッキを施した鉄板を300mmほどの重ね代で重ねて,60mmφの無垢の鉄柱で支えている.コンクリート壁は型枠に透水性のある布を用いたURC工法(海野健三氏が考案)で打設したもの.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami