2011年4月号136頁から掲載されている「吉岡ライブラリー」平田晃久建築設計事務所

東京都文京区──新建築社屋(設計:清家清+戸田建設,本誌7505)1階の改修.400mm幅の柱梁が1,200mmピッチで門型に配された既存の空間に対し,400mmモジュールのひだ状に伸びる家具システムにより,約5,000冊の建築雑誌を収蔵するライブラリーへと改修された.Root / Trunk/ Branch / Leafと名づけられた4種のユニットの組み合わせにより,多様な使い方に対応する.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami