2011年7月号054頁から掲載されている「MOOM Tensegritic membrance structure」東京理科大学小嶋一浩研究室+佐藤淳構造設計事務所+太陽工業

千葉県野田市 東京理科大学野田キャンパス森戸記念体育館前──膜構造の新たな可能性を求めて,能村膜構造技術振興財団の助成を受けてつくられたパビリオン.テント膜は太陽工業のシェードアスール.膜が引張材となり凹凸が出来ることで,圧縮材であるアルミパイプ同士が触れることなくテンセグリティの構造となる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami