2011年8月号098頁から掲載されている「Casa Dourada」宮部浩幸/SPEAC

東京都目黒区──東京都目黒区の築約30年のマンションのひとユニットの改修.壁を取り払い,ボックスを新設.ボックスには収納やユーティリティなどが納められ,ワンルームを緩やかに分節している.間取りの変更を見据えて,ボックスはフローリングの上に設置.既存の梁はモルタル薄塗り仕上げとした.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami