2011年8月号121頁から掲載されている「kap」駒田剛司+駒田由香/駒田建築設計事務所

東京都江戸川区──都内の住宅地に建つ長屋形式の3戸の集合住宅.1,900〜2,300mmの基本スパンで8,400mmの間口を4分割した.構造壁を短スパンにすることによって110mmというスラブ厚さが可能となった.薄いスラブは構造体と,テーブルやキッチンカウンターのような家具を兼ねる.鉄筋コンクリート造,3階建て.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami