2011年10月号092頁から掲載されている「東北大学片平キャンパスインテグレーション教育研究棟」東北大学施設部・キャンパス計画室 三菱地所設計

宮城県仙台市──東北大学片平キャンパスの北門に面して建つ実験研究棟の一部保存および建て替え.大正13(1924)年に建設された校舎の外壁のみを保存し,その内側にオフィス棟とラボ棟を新設,ふたつの棟の間のボイドはガラスハットで覆われている.オフィス棟は鉄筋コンクリート造,ラボ棟はプレキャストプレストレストコンクリート造.地上5階建て.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami