2011年11月号164頁から掲載されている「名古屋大学 理農館・理学南館」名古屋大学施設管理部 飯田善彦建築工房

愛知県名古屋市千種区──名古屋大学内,野依記念物質科学研究館(本誌0405)と一体に計画された理農館および理学南館2棟の増築計画.隣棟などとの繋がりを配慮し,各面を異なるファサードで仕上げている.理農館西面には上層階と下層階でルーバーを変えている.上層階では,縦ルーバーの同一外形の部材を表裏反転させることで西日の遮蔽効率を高め,下層部は,窓にあわせてピッチを変化させた横ルーバーを設けることで,開放感を損なわずに日射を制御する.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami