2011年11月号172頁から掲載されている「近畿大学農学部 第2共同研究棟」NTTファシリティーズ

奈良県奈良市──近畿大学農学部内にある,動物飼育研究のための施設.原生林を含む緑豊かなキャンパスの中で,自然に溶け込む外観を目指した.奥行100mmのエキスパンドメタルの籠の中に,合板をつくる過程で生じる余廃材木片を積層させた.この壁面により断熱性能を高め,空調負荷を軽減している.飼育環境の一定化のため窓を設けられないという条件のもと,ボリュームをずらすことで圧迫感を軽減し,軒下空間や,設備を置くための外部スペースを生み出している.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami