2011年12月号052頁から掲載されている「東部地域振興ふれあい拠点施設」山下設計

埼玉県春日部市──6階建ての地域交流拠点施設.上層の5,6階は1時間耐火木造.柱梁をピン接合した木質架講にLVLパネルを鋼枠に組み込んだ耐震パネルで構成される.耐震パネルは外壁に市松状に配置され,ファサードにパターンを形成.地震力のみを負担する耐震パネルには耐火被覆が不要で,室内では鋼枠と共に現しとなっている.鉄骨造の1〜4階は外部に開いた大空間が螺旋状に連続し,地域住民に開放されている.室内の輻射冷暖房に井戸水を繰り返して利用するなど,建物全体でCO2の削減に取り組む.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami