2011年12月号140頁から掲載されている「鵜住居の合掌」垣内光司/八百光設計部

岩手県釜石市鵜住居町(住宅基礎内)──被災地に残された住宅基礎の上に建つ小屋.床面積を建築確認申請の必要ない10m2以下,合掌の角度を変更して間口を基礎の幅に合わせることで,施工当日まで未定だった建設地に対応.小さくシンプルな構成は技術の伝播を促し,地域に建築行為を誘発する.日本財団ROADプロジェクト「東北地方太平洋沖地震・災害にかかる支援活動助成」の助成による関西建築家ボランティア「50万円プロジェクト(仮設シェルター)」によって建設.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami