岩手県陸前高田市(成田山金剛寺近隣)──震災後,住民の拠点になっていた寺に隣接する私有地に建てられた集会所.プレカットした木のパーツを積み上げ,ボルトで固定して壁を構築.簡便な工法と木の断熱性を備える.パーツのひとつひとつに住民のメッセージが記されており,将来的に地域が復興し,役割を終えて解体される時までのタイムカプセルとしての役割も持つ.恒久建築物として建築確認申請済み.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami