宮城県本吉郡南三陸町歌津(「平成の森」仮設住宅地内)──宮城県南三陸町最大の仮設住宅地「平成の森」に設置された仮設住宅をより快適にする仕掛け.MIT(マサチューセッツ工科大学)と慶応義塾大学大学院,宮城大学の3大学の協働によるプロジェクト.平成の森に住民が集まって使えるようにと置かれていたテーブルとベンチを,冬場でも使えるように,雨や雪を凌ぐポリカーボネートの屋根を架け,ソーラーパネルや4×4mのデッキを3日間で設置.30cm底上げをしたデッキの下に配管し,ポンプと水瓶による床暖房としている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami