2012年4月号から掲載されている「天美保育園」菅匡史建築研究所

大阪府松原市──老朽化した保育棟の建て替え.保育室の入るボリュームを向きを変えながら分棟配置し,半屋外のデッキで連結.周辺の豊かな緑を取り込み,保育室と園庭を緩やかに繋ぐ.KES構法を採用した木造.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami