大阪府東大阪市──建築学部棟(33号館)の耐震改修および,薬学部棟(39号館)の新築.33号館は,内部壁の増し打ちや耐震壁新設に加え,東および南の2面にPCaPC造のアウトフレームを設け強度を確保した.南東部は開口部の腰壁を撤去し,フレーム内に設えられたバルコニーと連続させている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami