兵庫県宝塚市──住宅地に建つ禅宗寺院の建て替え.限られた敷地の中で,本堂・客殿・庫裏を1棟にまとめながら,空間を分節することが試みられた.本堂の大屋根は,北に向かって高くなる木造HPシェル.軒部分には,屋根を支える鉄の無垢柱の横に,伝統を継承する木柱を立てている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami