2012年9月号132頁から掲載されている「平田のみんなの家」山本理顕設計工場

岩手県釜石市──釜石市平田地区の仮設住宅地に建てられた集会場.有志住民の運営により,昼はカフェ,夜は居酒屋として開放されている.暗くなってからも明かりが見えるよう,屋根には光を透過するテント膜を用いている.短期間で施工できるよう,鉄骨による傘状の構造体にテント膜をかぶせた単純な構成.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami