2012年10月号168頁から掲載されている「新松戸中央総合病院」伊藤喜三郎建築研究所

千葉県松戸市──老朽化した既存建物の一部建替えに伴い病院規模を拡張する計画.1期工事で新棟を建設し,2期工事で右側の既存エリアの整備を行う.建設改修を行いつつ病院としても業務を停止することなく行う.現在の病院の要求にそったスタンダードな設計.建物のイニシャルコスト・ランニングコストなどを考慮し,高機能な建物をコンパクトに計画.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami