群馬県富岡市──世界遺産登録を控えた富岡製糸場の玄関口である上信電鉄上州富岡駅の計画.富岡製糸場の「木骨煉瓦積造」の気概を現代に継承するべく,鉄骨造に煉瓦積みを寄り添わせた『鉄骨煉瓦積造』による新しい構造形式によって,奥行11m,長さ90mの大屋根を浮かせている.竣工作品掲載号(本誌1405)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami