『新建築』2013年2月号110頁から掲載されている「1930の家」宮部浩幸+吉里裕也/SPEAC

東京都世田谷区──東京都世田谷区に建つ,築83年の木造平屋家屋を賃貸住宅としてリノベーションした.柱と梁,柱と土台の接合部をダンパーで補い,耐震性能を上げ,もともとの土壁の竹小舞などを残すなど,既存の部材を再編することで建築の価値を上げている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami