『新建築』2013年2月号136頁から掲載されている「川崎市営河原町住宅耐震補強工事」大林組一級建築士事務所

神奈川県川崎市──1972〜75年に建てられた高層住宅団地(設計:大谷研究室,本誌72117410)の耐震改修.今回はそのうち,市営住宅4棟の耐震改修が行われた.団地の平行配置を活かし,2棟の間にブレースを設けて連結する「スキップブレース耐震工法」を採用.コスト削減や工期短縮にも寄与する.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami