『新建築』2013年3月号086頁から掲載されている「HAUS DER HOFFNUNG 希望の家 名取市文化会館多目的ホール」槇総合計画事務所

宮城県名取市──槇総合計画事務所設計の名取市文化会館(本誌9809)「波の庭」に建てられた多目的ホール.ドイツのラインハルト・アンド・ソンヤ・エルンスト財団による被災地支援で,子どもからお年寄りまで多くの市民が利用できる施設を寄贈した.市に建つ1,000戸余りの仮設住宅地のほぼ中央に位置する名取市文化会館の波の庭が,敷地として選定された.円型と三日月型のふたつの大屋根の組み合わせによってつくり出された構成.福島県産材を福島の工場でパネルに製作し,現地に運んだ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami