『新建築』2013年3月号106頁から掲載されている「正願寺」堀越英嗣 ARCHITECT 5

愛知県豊川市──浄土真宗大谷派寺院の移転新築計画.東南海地震などの災害時に備え,井水利用や自家発電装置に対応するほか,子どもの遊び場となる原っぱや,日常的に活動できる諸室やギャラリー,門徒が共同で食事をつくる大きな厨房を持つ会館などを設けることにより,日常からコミュニティの拠点となるように配慮している.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami