『新建築』2013年3月号157頁から掲載されている「国立近現代建築資料館国立近現代建築資料館(湯島地方合同庁舎改修)」国土交通省関東地方整備局営繕部整備課

東京都文京区──国外流出や散逸,劣化の危機に瀕している日本の貴重な近現代建築関係資料について, 情報収集,資料の収集・保管・展示,調査研究等を行うための施設.設置及び運営は,文化庁.旧湯島地方合同庁舎の新館(1984年竣工)と別館(1971年竣工)の一部を改修した.新館はスギ熱処理木材を外装ルーバーとして使用し既存外壁を覆った.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami