『新建築』2013年3月号164頁から掲載されている「東京大学生産技術研究所 アニヴァーサリーホール」今井公太郎+遠藤克彦建築研究所 東京大学キャンパス計画室・同施設部

東京都目黒区──1960年に建設された日本最初の超音速風洞実験棟(60号館)をホール,ギャラリー,研究室などに改修.建物南側が一期改修(2010年),中央部と北側が二期改修(2012年).かつて球形貯気槽があった場所に増築したエントランスホールには,GRC製のカーテンウォールを設けた.実験室の大空間や消音塔などの既存建築空間の特徴を再解釈して生かすように改修を行った.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami