『新建築』2013年5月号064頁から掲載されている「群馬県農業技術センター」SALHAUS

群馬県伊勢崎市──県内に点在していた同センターを集約させるプロジェクト.実験室などのプランニングを自由にできるように全体を覆う屋根を提案.断面90×75mm,長さ4mの県産スギ材を最大で6本繋ぎ1本の梁とした.面剛性を確保するために,上弦梁と下弦梁を格子状に組んだ.梁を,桁にある木梁受けで受け,張力導入用ボルトで引っ張り最大スパン23mを覆った.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami