『新建築』2013年7月号090頁から掲載されている「愛知産業大学 言語・情報共育センター」栗原健太郎+岩月美穂/studio velocity

愛知県岡崎市──最寄り駅と大学を行き来するバスの発着所や,語学学習やものづくり,学生間の交流のためのスペースの新設.キャンパスの中心に位置する.元もと4mの段差があった敷地をならし緩やかな起伏のある勾配にした.デッキプレートの屋根には大きさの異なる13個の抜けが穿たれ,その下には4つのボリュームが並行に配置されている.建物の外形は49,000×64,500mm.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami